後遺障害について

交通事故で怪我をして、治療を続けても治らないといった場合それを後遺症と呼びます。交通事故での後遺症については保険金の支払いという部分で考える必要があるため、後遺症、そして後遺障害という言葉の違いについて理解しておく必要があります。ただの後遺症では保険金が支払われることを約束されるわけではなく、後遺障害として認められなければ保険金の支払いは行われないのです。

それでは後遺障害として認めてもらうにはどのような方法があるのでしょうか。交通事故の後、一定期間治療を続けても怪我が治らない後遺症と呼ばれる状態になったら、症状固定という状態になります。症状固定の後に自賠責に対し、後遺障害等級の認定申請をすることになります。この認定申請により自賠責によって等級認定されればそれは後遺障害が残ったということになり、保険金の支払いにつながります。

後遺障害等級認定の申請方法には2通りがあり、事前認定と呼ばれるものと被害者請求と呼ばれるものがあります。加害者保険会社に代わりにやってもらうのが事前認定で、被害者自らが申請するのが被害者請求です。より多くの保険金の支払いを目指す場合、被害者自らで行う被害者請求で行った方がよいです。1人で知識などを把握することは難しい場合が多いので弁護士への依頼を検討するのも良いでしょう。

Pocket