弁護士に相談しよう

交通事故の損害に対する賠償金額の算定基準には自賠責保険基準、任意保険基準、裁判所基準の3種類があります。基準が3種類用意されている理由はそれぞれの制度、目的、立場に違いがあるからだと言えます。いずれの基準もあくまで一応の目安です。事故の具体的な状況によって賠償は増減する可能性があります。

加害者の保険会社は自賠責保険基準よりは高くなっていますが、裁判所基準に比べて大幅に低い独自の支払基準にもとづいて示談金の提示を行いますので保険会社に言われるままに示談をしてしまうと、交通事故被害者にとって大きな不利益となることがあります。一方で弁護士に交通事故の示談交渉を依頼すれば保険会社の提示する示談案を十分に検討してくれますし、不合理な点については的確に反論してくれます。そして裁判所基準を前提とした示談交渉を行うので、賠償金額の増額が期待できます。交通事故の示談金交渉、賠償金の支払いなどについて被害者が損をしないためには多くの法律的な知識を有している必要がありますが、なかなかそのような知識を有している方は少ないです。交通事故に詳しい弁護士に依頼、相談することによって有用なアドバイスをもらうことをおすすめします。

Pocket