弁護士に相談しよう

交通事故の損害に対する賠償金額の算定基準には自賠責保険基準、任意保険基準、裁判所基準の3種類があります。基準が3種類用意されている理由はそれぞれの制度、目的、立場に違いがあるからだと言えます。いずれの基準もあくまで一応の目安です。事故の具体的な状況によって賠償は増減する可能性があります。

加害者の保険会社は自賠責保険基準よりは高くなっていますが、裁判所基準に比べて大幅に低い独自の支払基準にもとづいて示談金の提示を行いますので保険会社に言われるままに示談をしてしまうと、交通事故被害者にとって大きな不利益となることがあります。一方で弁護士に交通事故の示談交渉を依頼すれば保険会社の提示する示談案を十分に検討してくれますし、不合理な点については的確に反論してくれます。そして裁判所基準を前提とした示談交渉を行うので、賠償金額の増額が期待できます。交通事故の示談金交渉、賠償金の支払いなどについて被害者が損をしないためには多くの法律的な知識を有している必要がありますが、なかなかそのような知識を有している方は少ないです。交通事故に詳しい弁護士に依頼、相談することによって有用なアドバイスをもらうことをおすすめします。

Pocket

後遺障害について

交通事故で怪我をして、治療を続けても治らないといった場合それを後遺症と呼びます。交通事故での後遺症については保険金の支払いという部分で考える必要があるため、後遺症、そして後遺障害という言葉の違いについて理解しておく必要があります。ただの後遺症では保険金が支払われることを約束されるわけではなく、後遺障害として認められなければ保険金の支払いは行われないのです。

それでは後遺障害として認めてもらうにはどのような方法があるのでしょうか。交通事故の後、一定期間治療を続けても怪我が治らない後遺症と呼ばれる状態になったら、症状固定という状態になります。症状固定の後に自賠責に対し、後遺障害等級の認定申請をすることになります。この認定申請により自賠責によって等級認定されればそれは後遺障害が残ったということになり、保険金の支払いにつながります。

後遺障害等級認定の申請方法には2通りがあり、事前認定と呼ばれるものと被害者請求と呼ばれるものがあります。加害者保険会社に代わりにやってもらうのが事前認定で、被害者自らが申請するのが被害者請求です。より多くの保険金の支払いを目指す場合、被害者自らで行う被害者請求で行った方がよいです。1人で知識などを把握することは難しい場合が多いので弁護士への依頼を検討するのも良いでしょう。

Pocket

交通事故での弁護士相談

交通事故に実際に遭ってしまった被害者の方、そして交通事故とは全く関係が無いと思われている方、どちらにも必要なこととして最低限の知識を身に付けて、未来に備えることの重要性があります。確かに交通事故などは都会で生活していますと毎日のようにニュースなどの情報を見聞きしますし、突然やってくるものであるという意味で言えば、遭わないように気を付けて生活をするというくらいしか回避策は無いのかもしれません。しかし万が一に備えてある程度の知識だけでも有しているのといないのでは、もしもの場合の被害の大きさにも差が生まれる可能性は高いです。

交通事故で厄介な問題のひとつとして後遺症の問題を挙げることができます。これはもちろん今後の被害者の方の生活が不便であるということもそうなのですが、それだけではありません。交通事故の被害者の方は治療費などを含め、多額の費用が必要となるケースが多くあります。その場合、保険金や賠償金などが重要となってくるのですが、後遺症に対して後遺障害認定というものがきちんと認められるのか否かという部分は支払われる金額の決定の上でとても重要なポイントとなるのです。ちなみに、“アディーレ”の交通事故後遺障害相談サイトでも詳しく掲載されていますので、参考にしてみて下さい。

このように後遺障害認定はとても大切なものなので、やはり専門の、交通事故に強い弁護士への依頼をすることが、妥当な金額の受取にとっては有効であると言えるでしょう。当サイトでは交通事故の後遺障害について、そして弁護士への相談について役立つ情報をお伝え致します。ぜひお役立て下さい。

Pocket